\ 動画編集の副業必須ソフト/ Adobe Creative Cloudの期間限定セール

動画編集用のおすすめ外付けHDD21選!適切な容量・タイプは?【Macに接続して使い方も解説】

お悩みクン

動画編集用に外付けのHDDが欲しい!
HDDとSSDって何が違うの?
あと実際のMacに接続する使い方も知りたいな。

この記事では、このような悩みを解決します。

先に結論をお伝えすると、

動画編集用の外付け保存はHDDよりもSSDの方がおすすめです。

しかし外付けHDDに唯一メリットがあるとすれば、

それはSSDよりもコストを抑えることができる点です。

相場はHDDは2TB〜4TBで約1万円前後、

SSDは2TB〜4TBで約2万円前後といった感じです。

動画データを安全に持ち運びたい人や高速転送でサクサク作業がしたい人や静音性を求める人はSSDがおすすめです。

とはいえHDDにも料金を安く抑えられる大きなメリットもありますので、両方の良さを理解しておきましょう。

ぜひ最後まで読んでいってね!
本記事の内容
  • 動画編集用におすすめの外付けHDDを21選を紹介
  • 人気メーカー別におすすめ外付けHDDを紹介
  • 外付けHDDとSSDの違いやメリット・デメリットを解説
  • 外付けHDDの速度・容量・寿命について解説
  • 外付けHDDをMacに接続して使用する方法

この記事を最後まで読むことで自分に合ったHDDが見つけることができます。

もぐすた / Video Creator

SSDとの違いや実際の使用方法も合わせてご覧くださいね。

動画編集用にどんな外付けHDDを使おうか迷っている方は、

ぜひコスパの良いHDDを見つけていってください。

21選の中でも特におすすめTOP3を紹介!
  1. ウェスタンデジタル『WD Elements』1TBポータブル…【6,700円】外付けHDDを選ぶに失敗したくないなら絶対にコレがおすすめ!SSDに近い高速処理に加えて外出先にも持ち運びストレス全く無しの軽量性は文句無し!
  2. 東芝製(バッファロー)『Canvio』1TBポータブル…【5,680円】安くて安心の高品質で外付けHDDの売上ランキングで常に上位の人気商品!東芝製品にバッファローサポートがついているので仮にトラブルがあっても安心!
  3. エレコム『Seagate』2TBポータブル…【9,000円】2TB大容量のポータブルでは最安値クラス!薄くて軽くて静音性◎の高コスパ商品!

この記事を書いた人

もぐすた / VideoCreator

副業リーマン

当ブログ 運営者

動画編集 収入10万/月

YouTube 広告収益5万/月

目次

動画編集用のおすすめ外付けHDD21選

それでは動画編集用におすすめの外付けHDD21選をご紹介します。

注目すべき点は

  • 料金
  • ストレージ容量(〜TB)
  • 据え置き型orポータブル型
  • 商品の特長・使用するメリット
お悩みクン

動画編集用のおすすめ容量はどれくらい?

据え置きとポータブルの違いは?

  • 1TB=約18時間の動画データを保存可能です。
  • 写真データであれば1TBで約15万枚ほど保存可能です
  • 外出先でも使いたい方はポータブルがおすすめ。
  • 自宅以外で使う予定のない方は据え置きでOK

動画編集用であれば500GBや1TB(1,000GB)は少し心もとないので、

とりあえず2TBにしておくのが無難

もっと余裕を持って作業したい方は4TBがおすすめです。

上記を踏まえてご自身に合う外付けHDDを探してみてくださいね。

動画編集用のおすすめ外付けHDD21選

スクロールできます
メーカー/商品名特徴価格容量/タイプ

BUFFALO
『HD-TPA1U3-B 』

【2番目におすすめ!】
1年製品保証
東芝製ドライブ
最も人気のタイプ
5,680円1TB /ポータブル

BUFFALO
『HD-CD2U3-BA 』

1年製品保証
故障予測サポート
静音&コンパクト
8,566円2TB /据え置き

BUFFALO
『HD-PCFS2.0U3-BBA 』
1年製品保証
コスパ良し◎
8,708円2TB /ポータブル

I-O DATA
『HDCY-UT1K 』
1年製品保証
静音&4K対応
6,345円1TB /据え置き

WESTERN DIGITAL
『WDBUZG0010BBK-JESE』

【筆者が愛用の1品!】
2年製品保証
自社純正HDD
コンパクト&高速転送
6,732円1TB /ポータブル

BUFFALO
『HD-TDA6U3-B 』
1年製品保証
東芝製ドライブ
バッファローサポート付
13,197円6TB/据え置き

BUFFALO
『HD-TDA4U3-B 』
1年製品保証
東芝製ドライブ
バッファローサポート付
8,940円4TB /据え置き

BUFFALO
『HD-TDA2U3-B 』
1年製品保証
東芝製ドライブ
バッファローサポート付
8,040円2TB/据え置き

I-O DATA
『HDCY-UT2K』
1年製品保証
スタンド付き
9,073円2TB /据え置き

BUFFALO
『HD-CD4U3-BA 』
1年製品保証
故障予測サポート
静音&コンパクト
8,938円4TB/据え置き

WESTERN DIGITAL
『WDBUZG0020BBK-JESE 』
2年製品保証
自社純正HDD
コンパクト&高速転送
8,310円2TB /ポータブル

BUFFALO
『HD-CD6U3-BA 』
1年製品保証
故障予測サポート
静音&コンパクト
14,650円6TB/据え置き

BUFFALO
『HD-PCFS1.0U3-BBA 』
1年製品保証
コスパ良し◎
6,352円1TB /ポータブル

ELECOM
SGP-MZ020UBK 』

【3番目におすすめ!】
Seagateブランド
全端末OS対応
9,055円2TB /ポータブル

BUFFALO
『HD-PCFS4.0U3-GBA 』
1年製品保証
シンプル&コンパク
13,618円4TB /ポータブル

WESTERN DIGITAL
『WDBA2D0020BBL-JESE』
2年製品保証10,160円2TB /ポータブル

WESTERN DIGITAL
『WDBU6Y0040BBK-JESE 』
2年製品保証
自社純正HDD
コンパクト&高速転送
12,600円4TB /ポータブル

BUFFALO
『HD-PZN1.0U3-S』
1年製品保証
耐衝撃&耐塵性能
ICカードロック解除対応
バッファローサポート付
10,800円1TB/ポータブル

ELECOM
『STHG1000400』
2年製品保証
純アルミ構造
コンパクト&高速転送
10,810円1TB/ポータブル

ELECOM
『Rugged Mini』
2年製品保証
耐衝撃&耐雨性能◎
10,401円1TB/ポータブル

I-O DATA
『AHD710P-1TU31』
軍用級のタフさ
防水&耐衝撃&防塵性能
コンパクト&高速転送
11,323円1TB/ポータブル
各製品の比較

では1つずつ詳しくみていきましょう。

BUFFALO(バッファロー)外付けHDD 『HD-TPA1U3-B /1TB /ポータブル型』【2番目におすすめ!】

イチ押しポイント!

  • 1年間の製品保証付き
  • USBケーブル付き
  • 東芝製ドライブ使用
  • データ復旧サポート付き
  • 故障予測サポート付き
  • バッファローサポート付き

BUFFALO(バッファロー)外付けHDD『HD-CD2U3-BA /2TB /据え置き』

イチ押しポイント!

  • 1年間の製品保証付き
  • USBケーブル付き
  • 静音&コンパクト性能
  • データ復旧サービスは有償対応
  • 故障予測サポート付き

BUFFALO(バッファロー)外付けHDD『HD-PCFS2.0U3-BBA /2TB /ポータブル』

イチ押しポイント!

  • 1年間の製品保証付き
  • シンプル&コンパクト性能
  • USBケーブル付き(ケーブル50cm)

I-O DATA(アイ・オー・データ)外付けHDD『HDCY-UT1K / 1TB /据え置き』

イチ押しポイント!

  • 1年間の製品保証付き
  • USBケーブル付き(1本で簡単接続できる新タイプ)
  • 静音&4K画像も対応可

WESTERN DIGITAL(ウェスタン デジタル)外付けHDD『WDBUZG0010BBK-JESE /1TB /ポータブル』【筆者愛用品!1番おすすめです!】

イチ押しポイント!

  • 2年間の製品保証付き
  • USBケーブル付き
  • 自社純正のHDD使用
  • コンパクト&高速転送

筆者は外付けSSD派なのですが、コスパも考えて外付けHDDも使用しております。

このウエスタンデジタルのWD Elementsの使用感としては

  • HDDなのにとても静か(従来品はウィーンというディスク回転音がある)
  • 熱が発生しにくい
  • 薄くてコンパクトなので持ち運び◎
  • 転送スピードも外付けHDDの中でかなり高速

こんな感じでSSDほどではありませんが、超高速サクサク環境を特に求めていない方は

このWD Elementsの満足度はかなり高いはず。

もぐすた / Video Creator

筆者はSSDも使っていますが、
このWD Elementsはコスト以上の価値があると感じています。

名刺入れのようなサイズ感です
結構薄くて軽いのでビックリしました
Mac bookとiMacに使用しています
もぐすた / Video Creator

外付けHDDの中で最高峰です。
色々なHDDを使いましたが、
SSDに近いサクサク感!コスパ◎です!

BUFFALO(バッファロー)外付けHDD『HD-TDA6U3-B /6TB/据え置き』

イチ押しポイント!

  • 1年間の製品保証付き
  • USBケーブル付き
  • バッファローサポート付き
  • 東芝製ドライブ使用

BUFFALO(バッファロー)外付けHDD『HD-TDA4U3-B /4TB /据え置き』

イチ押しポイント!

  • 1年間の製品保証付き
  • USBケーブル付き
  • バッファローサポート付き
  • 東芝製ドライブ使用

BUFFALO(バッファロー)外付けHDD『HD-TDA2U3-B /2TB/据え置き』

イチ押しポイント!

  • 1年間の製品保証付き
  • USBケーブル付き
  • バッファローサポート付き
  • 東芝製ドライブ使用

I-O DATA(アイ・オー・データ)外付けHDD『HDCY-UT2K/ 2TB /据え置き』

イチ押しポイント!

  • 1年間の製品保証付き
  • USBケーブル付き(1本で簡単接続できる新タイプ)
  • スタンド付き

BUFFALO(バッファロー)外付けHDD『HD-CD4U3-BA /4TB/据え置き』

イチ押しポイント!

  • 1年間の製品保証付き
  • USBケーブル付き
  • 静音&コンパクト性能
  • データ復旧サービスは有償対応
  • 故障予測サポート付き

WESTERN DIGITAL(ウェスタン デジタル)外付けHDD『WDBUZG0020BBK-JESE /2TB /ポータブル』

イチ押しポイント!

  • 2年間の製品保証付き
  • USBケーブル付き
  • 自社純正のHDD使用
  • コンパクト&高速転送

BUFFALO(バッファロー)外付けHDD『HD-CD6U3-BA /6TB/据え置き』

イチ押しポイント!

  • 1年間の製品保証付き
  • USBケーブル付き
  • 静音&コンパクト性能
  • データ復旧サービスは有償対応
  • 故障予測サポート付き

BUFFALO(バッファロー)外付けHDD『HD-PCFS1.0U3-BBA /1TB /ポータブル』

イチ押しポイント!

  • 1年間の製品保証付き
  • シンプル&コンパクト性能
  • USBケーブル付き(ケーブル50cm)

ELECOM(エレコム)外付けHDD『SGP-MZ020UBK /2TB /ポータブル』【筆者3番目におすすめ!】

イチ押しポイント!

  • Seagateブランド
  • Windows・MacOS対応
  • USBケーブル付き

BUFFALO(バッファロー)外付けHDD『HD-PCFS4.0U3-GBA /4TB /ポータブル』

イチ押しポイント!

  • 1年間の製品保証付き
  • シンプル&コンパクト性能
  • USBケーブル付き(ケーブル50cm)

WESTERN DIGITAL(ウェスタン デジタル)外付けHDD『WDBA2D0020BBL-JESE/2TB /ポータブル』

イチ押しポイント!

  • 2年間の製品保証付き
  • USBケーブル付き

WESTERN DIGITAL(ウェスタン デジタル)外付けHDD『WDBU6Y0040BBK-JESE /4TB /ポータブル』

イチ押しポイント!

  • 2年間の製品保証付き
  • USBケーブル付き
  • 自社純正のHDD使用
  • コンパクト&高速転送

BUFFALO(バッファロー)外付けHDD『HD-PZN1.0U3-S/1TB/ポータブル』

イチ押しポイント!

  • 1年間の製品保証付き
  • バッファロー正規サービス付き
  • USBケーブル付き
  • 耐衝撃&防塵性能
  • ICカードロック解除対応

ELECOM(エレコム)外付けHDD『STHG1000400/1TB/ポータブル』

イチ押しポイント!

  • 2年間の製品保証付き
  • 純アルミ製構造
  • コンパクト&耐衝撃性◎
  • USBケーブル付き
  • シンプルで美しいフォルム

ELECOM(エレコム)外付けHDD『Rugged Mini/1TB/ポータブル』

イチ押しポイント!

  • 2年間の製品保証付き
  • USBケーブル付き
  • 耐落下&耐衝撃&耐雨性能◎
  • 外でもバッチリ使用可能

I-O DATA(アイ・オー・データ)外付けHDD『AHD710P-1TU31/1TB/ポータブル』

イチ押しポイント!

  • 軍用級のタフさ
  • USBケーブル付き
  • 防水&耐衝撃&防塵性能
  • 3層構造(シリコン・緩衝材・プラスチック)で大切なデータを死守!

人気メーカー別におすすめ外付けHDDを紹介

外付けHDDの人気メーカーは大きく4つあります。

品質・コストを総合するとおすすめは以下メーカーに絞ることができます。

  • BUFFALO(バッファロー)
  • ELECOM(エレコム)
  • I-O DATA(アイオーデータ)
  • WESTERN DIGITAL(ウエスタンデジタル)

さっそく1つずつ詳しく見ていきましょう!

BUFFALO(バッファロー)

1975年創業の愛知県名古屋市に本社を置く国内メーカー。

マウス・キーボード・USBケーブル・音響スピーカ・WEBカメラなどの

パソコン周辺機器を数多くラインナップしておりトップシェア商品も多い。

バッファロー製HDDの評価は国内ユーザーから非常に高い。

読込速度も申し分なく静音性に優れており、故障も少ないといった口コミが多い。

故障トラブルを避けつつ安心して使いたいならおすすめ。

ELECOM(エレコム)

1986年創業の大阪に本社を置く国内IT機器大手メーカー。

BUFFALO・I-O DATAと並ぶほど業界に強い影響力を持っており

マウスやキーボードなど10部門以上の業界トップシェアを誇る。

コストパフォーマンスが非常に優れておりカスタマーレビューは概ね高評価だが

一部ユーザーからは静音性に不安を持つといった意見もあり。

I-O DATA(アイオーデータ)

1991年創業の石川県金沢市に本社を置く日本の黎明期を支えたパソコン周辺機器メーカー。

HDD商品は国内で人気を誇っており、カスタマーレビューも高評価が多い。

WESTERN DIGITAL(ウエスタンデジタル)

1970年にイギリスで創業され元は半導体の試験装置を製造するメーカー。

1980年にハードディスク事業に専念するようになり、

2010年には日立製作所からHDD部門を買収するなど

HDD業界において影響力を強めている老舗企業。

製品ラインナップは幅広くコスパも良いためカスタマー評価は非常に高いが、

一部のユーザーからは故障対応がよくないといった声もあり。

HDDとはハードディスクドライブのこと。据え置きとポータブルの2種類あるよ!

お悩みクン

色々と商品があって悩むなぁ。
そもそもHDDってなんの為にあるんだっけ?

HDDとはハードディスクドライブのこと。

写真や動画データを保存するための精密機器です。

パソコンに内蔵されているHDDの空き容量が圧迫されてくると、

作動が重くなったりトラブルの原因になります。

そして外付けHDDはパソコン内のデータを文字通り外部保存するためにあります。

USBケーブルをパソコンとつなぐだけでデータを行き来させることが可能です。

パソコンを使用していると経年劣化によりデータを失うリスクがあるので、

失いたくない大切なデータがある場合は

保険(バックアップ用)として外付けHDDにデータを移すかコピーしておくと安心感がありますね。

そして外付けHDDにはポータブルタイプと据え置きタイプの2種類があります。

  • ポータブルタイプ…サイズが小さくてストレージ容量も少ないので持ち運び用
  • 据え置きタイプ…サイズが大きくストレージ容量も多いので自宅や仕事場に置いておく用

使用用途に合わせて選びましょう。

また一般的にHDDには発熱や衝撃に弱い面があり、

またディスクを回転させることによりデータを保存するので静音性に欠けるといったデメリットがあります。

よくSSDと比較されるのがこの点です。

このデメリットを解消してくれるのがSSDですがその分コストが高くなりますね。

SSDとHDDの違いを分かりやすく解説

お悩みクン

SSDとHDDの違いはどんなところ?

SSDとHDDの違いを分かりやすく伝えると、

  • SSD…メモリーチップにデータを読み込ませて保存
  • HDD…高速回転させたディスクにデータを読み込ませて保存

メモリーチップに保存するSSDは軽量かつ耐衝撃性に優れていて静音性も良い。

ディスク保存するHDDは全体的な性能はSSDに劣りますが低コストで入手できます。

この点にも留意しておくと外付け選びに役立つでしょう。

外付けHDDのメリットとデメリットを解説

外付けHDDの最も大きいメリットは『料金が安い』

外付けHDDの1番大きなメリットは低コストであること。

もぐすた / Video Creator

大量のデータを保管しておきたい方にとっては有り難い存在ですね

外部保存においてはSSDが主流になりつつありますが、

HDDの価格はSSDと比較して30%〜50%下がります。

性能にそこまでこだわらない方からすれば1番のメリットでしょう。

またHDDをSSDと比較するとメリットが少なく感じるかもしれませんが、

バッファローをはじめとする大手メーカーの最新機種は静音性が優れていたり

転送速度が速くなっているものも増えてきていますよ。

外付けHDDの最も気になるデメリットは『衝撃に弱い』

1番のデメリットは衝撃に弱いという点です。

もぐすた / Video Creator

高さ1Mほどの机からうっかり落としてしまうとデータが破損する危険があります。

HDDは内部でディスクを高速回転させてデータを読み込みますので、

熱を帯びやすく外部から衝撃が加わればデータ損傷が起こりやすいのです。

なので持ち運びには不向きといえるでしょう。

もし外出先で外付けHDDを使いたいという方は、

少しHDDの中では価格が高くなりますが耐衝撃性能の高いゴム・シリコンカバーの商品がおすすめです。

SSDと比較すればたしかに静音性・軽量性に劣りますが、

そこまで気にするデメリットではないでしょう。

外付けHDDの速度・容量・寿命は?

外付けHDDの速度はSSDと比較すれば3倍遅い!

速度はUSB端末種類とHDDの転送速度によって決まります。

あくまで参考にお話すると、

SSDと比較してHDDは約3倍〜4倍ほど遅いです。

たとえば10GBの動画素材を外付けHDDに保存する際にかかる時間は約3分。

同じ10GB素材を外付けSSDに保存した時にかかる時間はなんと30秒かからないくらいです。

もぐすた / Video Creator

SSDと比較すると大きな差はありますが、使えないレベルではありません。

ただ毎日パソコン作業して常に外付けを使用する人にとってはかなりストレスに感じるでしょう。

外付けHDDは容量が大きいサイズでも料金が安い!

外付けHDDの容量は以下の種類で各メーカーがラインナップしています。

お悩みクン

容量はどれがおすすめなの?

もぐすた / Video Creator

イチバン無難な容量は1TBか2TBですね!

容量は目的に合わせて選ぶのが良いでしょう。

  • 512GB
  • 1TB(1,000GB)
  • 2TB
  • 4TB
  • 8TB

外付けSSDと比較してコストが低いのが大きな利点ですので、

4TB以上の大容量でデータ保存しておきたい方にはかなり嬉しいポイントです。

1GBで保存可能
4TBで保存可能
  • 動画は約18時間分
  • 写真は約20万枚分
  • 動画は約72時間分
  • 写真は約80万枚分

動画編集する方であれば最低1〜2TBは欲しいところですね。

外付けHDDの寿命は2〜3年

外付けHDDの寿命は約2〜3年と言われています。

もぐすた / Video Creator

ちなみにSSDの寿命は4〜5年ほどです。

出来るだけ寿命を長く保つ方法はこの2つ。

  • 使用中に熱を帯びている状態で衝撃を加えないこと
  • 湿気に気をつけること

とにかく衝撃に弱いので優しく扱ってあげましょう。

特に熱がこもっている状態で机から落下させないように、

高い場所にはなるべく置かないように気をつけるのがポイントです。

外付けHDDの使い方を写真で解説。Macに実際に接続してみよう!

それでは筆者が持っているバッファロー製の外付けHDDを使って、

実際に使用方法を説明していきますね。

もぐすた / Video Creator

ステップは以下の通りです

STEP
外付けHDDとパソコンをケーブルでつなぐ
STEP
パソコン画面に表示されているか確認する
STEP
外部に保存したいデータをHDDに移動させる

使い方はかなり簡単なのでサクッとできますよ。

それでは詳しくみていきましょう。

①外付けHDDとパソコン(Mac)をケーブルでつなぐ

今回使用するバッファロー外付けHDDは、

動画編集の用途以外にテレビ録画にも併用したいと考えて購入したタイプです。

付属でケーブルと電源アダプタが付いてきます。

今回はMacに接続するのでUSBはCポート(typeC)です。

しかし下図を見て貰えば分かる通り、付属のケーブルではCポートに対応できません。

なのでMac製品に使用する場合は【AからCに】変換するアダプタが必要です。

変換アダプタはエレコムで千円しませんのでご安心ください。

もぐすた / Video Creator

筆者は白色タイプを店舗で購入しました。

接続後はこんな感じです。

外付けHDDに光がパッとつくので起動中はわかりやすいですね。

ちなみに本記事では据え置きタイプの外付けHDDで解説していますが

こちらの記事ではポータブルタイプの外付けHDDで詳しい使い方を解説しています。

筆者の愛用品「WD Elements」コスパ◎な外付けHDDです

②パソコン画面(Mac)に表示されているか確認する

続いて接続後のMac画面に移動します。

正しく外付けHDDがパソコンに接続されていたら画面右上に黄色アイコンが表示されます。

これはHDDもSSDも同様です。

もし右上に何も表示されていない場合は接続できていないので、

一旦時間を置いて再接続をしてみてください。

もぐすた / Video Creator

SSDの場合はパソコンに接続した瞬間に右上にポッと表示されますが、HDDの場合は30秒くらい時間がかかる時があります。

③外部に保存したいデータをHDDに移動させる

では接続が済んだ後は早速データを外付けHDDに保存してみましょう。

もぐすた / Video Creator

とても簡単なのでサクッとできちゃいますよ。

外付けHDDを接続後、パソコン画面に表示された右上の黄色アイコンをダブルクリックします。

するとウィンドウが表示されますので、ここに外部保存したいデータをドラッグ&ドロップして移しましょう。

反対に外付けHDDに保存したデータをパソコンへ移動させることも可能です。

その場合も同じように黄色アイコンをダブルクリックしてウィンドウを開きます。

そしてパソコンに戻したいデータをドラッグ&ドロップしてデスクトップへ移動させましょう。

もぐすた / Video Creator

以上が外付けHDDのデータ移動方法です。

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

まとめると動画編集用のおすすめ外付けHDDは、WESTERN DIGITAL(ウェスタン デジタル)『WDBUZG0010BBK-JESE /1TB /ポータブル』

いかがでしたでしょうか。

本記事では

  • 人気メーカー別に外付けHDDを紹介
  • 動画編集用のおすすめ外付けHDD21選

について解説してきました。

あなたにピッタリのHDDが見つかれば幸いです。

SSDとの違いはこちらで詳しく解説しています

ちょっとコスト上げてもいいから安全性と静音性や

サクサク環境を作りたい方はチェックしてみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

動画編集の副業に興味のある方はこちらの記事を覗いてみてくださいね

ぽちっとしてもらえると嬉しいです♩

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

応援ありがとうございます ♩

もぐすたブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ぜひ親しい方に教えてあげてくださいネ!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1988年生まれ。動画副業に夢中な会社員です。
動画編集とYouTubeで副業収入を得ています。コロナ禍で本業に危機感を感じて様々な副業にトライ。動画編集では登録者150万人以上のタレント案件や某アイドルグループの担当歴あり。YouTubeではチャンネル登録者約3,000人chを収益化して運営中。
動画編集▶︎収入10万/月
YouTube▶︎収入5万/月
未経験・初心者の方に副業(動画編集・YouTube)で稼ぐきっかけを作りたい。
たまに動画編集を教える人。

目次
Top
目次
閉じる